« 創刊号記事訂正 | トップページ | 海と市民の連携をはかろう! »

2006年11月12日 (日)

快挙!アサクサノリ生産に成功!

アサクサノリ生産に成功!

20061111_2467081asakusanori_1のニュースが「盤州里海の会」金萬さんから入ってきた。

http://kinnori.jugem.jp/

おめでとう。ご苦労さん。快挙です。今年のノリ養殖環境は気温が高く、海水温が下がらず苦戦が伝えられ続けていました。白グサレ病や成長不足で、金萬さんのクチからは、今年も「またダメか!」という予測も聞かれていただけに、アサクサノリ生産成功の知らせに、わがことのようにうれしく、ほっとした感があります。

 11月10日には、同会のアサクサノリ復活プロジェクトにチャレンジしている近藤博一さんが約1000枚のアサクサノリ生産に成功しています。

 今日(11日)、金萬智男さんは、3100枚のアサクサノリ生産に成功。金萬報告によれば、加工場で多少トラブルがあり、290g(100枚)の「厚さ」がベストだったのが300g
~350gと、通常規格より厚目の海苔に仕上がってしまったということです。金萬さんは「まあ仕方ない。味は、深みがあり、アサクサノリの特徴が出た海苔だと思います。」と知らせてくれました。

 2年前の2004年11月に、仲間の井上通さんが、計画開始4年目にしてはじめて3000枚生産に成功していますが、翌年はだれも生産できず、金萬さんたちは今年にかけていただけに、海苔養殖環境が悪いなかで、よくぞ生産成功にこぎつけました。プロジェクトリーダーの金萬さんからすれば、井上さん、近藤さんに次いで3人目の成功ですが、6年越しの努力が実ったわけです。

 この知らせを聞いて、「早く食べてみたい」という思いを抱いたのは、食いしん坊のMANAだけではないようでした。本日午後6時からいつもの「やまよ」食堂で、盤州里海の会の忘年会、反省会と試食会をかねた会合が開かれるというので、参加することにします。ああ楽しみだ。そして、金萬さん、井上さん、実形さん、元木さん、石川さんらの顔を拝みにいくことにしよう。(写真は金萬さんのホームページからお借りしました)

|

« 創刊号記事訂正 | トップページ | 海と市民の連携をはかろう! »

コメント

記事補足します。
昨日、近藤さんが生産された、青混ぜのアサクサノリを、焼いて、炊き立てのあったかい御飯(本日奮発して新米のコシヒカリですゾ!友達が自分で作った米を送ってくれたものです)に巻いて食べました。
香りがよく、御飯の湯気にしっとりとして、口に入れると甘さが残る、この食感、確かにアサクサノリの持つゆるやかなうまさです。
幸福です。
金萬さんが作った、すこし厚めにできたアサクサノリ(これは100パーセント)、ああうまかった。
ご馳走様でした。
今週から、海水温の下がった条件で、冷凍網を盤州里海の会のメンバー6人いっせいに仕込むそうです。12月には、みんなが生産成功することを祈ります。
浅草の観音様に奉納するそうですが、いまから、楽しみです。(中島)

投稿: MANA | 2006年11月13日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 創刊号記事訂正 | トップページ | 海と市民の連携をはかろう! »