« カキで海や川を浄化しよう | トップページ | 海洋基本法と水産基本法のポジション »

2007年1月24日 (水)

斗鬼先生の江戸東京探検―海と陸との境界を歩く

「都市のエントロピーと海」斗鬼博士の玉稿到着

 [季刊里海]第2号の編集作業に入っております。わが編集主幹が書かねばならぬ原稿が山と積まれた資料とは裏腹にいっこうにすすみませんが、主幹から依頼を受けた豪華執筆人の先生方からは、装幀どおりの、ユニーク奇抜な原稿が年明け後、次々にメールのファイルに到着しております。

 現古東京湾探検の目玉の一つである、都市と人間について境界領域を語らせると驚天動地の面白さが売り物の江戸川大学で文化人類学を教えておられます斗鬼正一博士からさきごろ「都市のエントロピーと海」(仮題)の玉稿が到着しました。

 エントロピーとは何ぞや。主幹も横文字には弱いから、最近の政府の役人やらTOPやらがやたらカタカナ言葉を多用されると、コノヤローと思ったりしますが、我輩もローカルルールやらコモンズやらインスティチューションやら、ガバナンスやら、最近クチにすると、こいつはイカン、イカンと、あんまりお偉いさんたちの悪口もいえない自分に気がつきます。

 そうかエントロピーか。まあ、辞書的にいえば、「乱雑さ」「不規則さ」をあらわしますが、物理学用語とは違って、社会科学でいう場合には、カオス(混沌)の世界を表現するときにもつかうようです。今回、先生にお願いしたのは、江戸から東京へという、現代あるTOKYOの成り立ちを、陸と海との境界領域の変化を、陸地に残された海辺や海の名残をマチの片隅に訪ね歩きながら、語っていただこうという、ものでした。

 ちょっと前、中沢新一大先生が、「アースダイバー」を著されましたが、斗鬼先生には、考古学的な神話的な回帰にまではいたらないで、江戸という人造都市に回帰をこころみて、下町の名もなき小さな公園の隅の砂の交じった地面は、江戸の昔の海岸の砂であろうと、地面やら崖やら井戸の端やらおどろおどろしい処刑場跡やらお寺さんをめぐる探検旅行にこの一年間出ていただいた(ほっつき歩いていただいた)結果が、文章と写真によって読者にあらわにされるというものなのです。

 乞うご期待あれ。

◎そのメールのPSで、先生がご出演される人類学的サブカルチャー知識を披露しつつ「境界論」を語るテレビ番組があるそうです。その自薦文を読みたい方は以下の「続き」を読まれたし。

MANAさまFROM S.TOKI

*日経新聞1月6日朝刊に、エスカレーターの「片側空け」についてのインタビューが掲載されましたので、添付させていただきました。……日本人の関西と関東の右側通行と左側通行の習慣の違いはいつ頃から生まれたのかということを、エスカレータ片側空け行動の解明を試みた記事にインタビューコメントして載ったということです。記事省略。

* 2月3日(土)19時57分-20時54分、日本テレビ「世界一受けたい授業」に再度出演、講義いたしますのでご連絡申し上げます。

 テーマ:「イケメンの境界線、ジェスチャーの境界線」(編集中のため仮題)

 内容:世界の様々なイケメンの基準、まったく意味の異なるジェスチャーや挨拶のしかた、そして一夫多妻婚、一妻多夫婚、女が男を選ぶ民族など、様々な結婚の形を紹介。
 世界のどの民族も、自分たちの文化を基準にものごとを理解しようとするので、異文化、とりわけツバをはきかける挨拶、一妻多夫などといった「奇習」に出会うと、「汚い」、「変」、「おかしい」、「間違っている」などと感じがち。だが、それはお互い様。どの文化も独自の背景があって出来ているのであり、文化に上下はない。国際化社会を上手に生きるためには、広い視野で、相対的な見方ができる「やわらかあたま」が必要だ、というメッセージを視聴者に伝えたいと思います。

司会:堺正章、上田晋也
ゲスト:有田哲平、菊川怜、大沢あかね、関根勤、石原良純、中川翔子、柴田理恵、タカアンドトシ、田中義剛、細山貴嶺
             

|

« カキで海や川を浄化しよう | トップページ | 海洋基本法と水産基本法のポジション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斗鬼先生の江戸東京探検―海と陸との境界を歩く:

« カキで海や川を浄化しよう | トップページ | 海洋基本法と水産基本法のポジション »