« 海洋基本法案[素案要旨] | トップページ | 今なぜ「海洋基本法」なのだろう?(その2) »

2007年1月 2日 (火)

謹賀新年/2007猪年

本年もよろしくお願いいたします。

自然と人、マチとムラ、土地(里)と水辺と人のかかわりを視点軸にすえた[季刊里海]を昨年10月創刊しました。

海&漁業、地先権&漁業権について1996年「海の『守り人』論」を制作しましたが、そのテーマを一歩進めて「ローカルルールの研究」(佐竹五六・池田恒男他共著)を6月に出し、さらに市民の立場をリンクさせ「里海」から海や川や森に起きるものごとを考えてみようというねらいです。

海と国のかかわりを示す「海洋基本法」制定の動きがあるそうです。

私にとっての「基本」とは、従来どおり、漁民や市民:地域の人々と地先の海や海辺とのつながりを大切にすることにあるように思います。

今年あたりが「里海元年」とよべるような節目の年になるような予感がします。みなさまとともによい一年がすごせるように祈ります。

まな出版企画 中島 満(MANA)

|

« 海洋基本法案[素案要旨] | トップページ | 今なぜ「海洋基本法」なのだろう?(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163640/4797220

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年/2007猪年:

« 海洋基本法案[素案要旨] | トップページ | 今なぜ「海洋基本法」なのだろう?(その2) »