« 田んぼにかける魚道 | トップページ | 「里海」の氾濫 »

2008年12月27日 (土)

「文芸春秋」にも「里海」の記事載る

涌井史郎氏の「里川と里海の思想」

「里海」のことばが、芥川賞掲載号というので購入した月刊「文芸春秋」誌(2008年9月号)に載っていた。「人と自然をつなぐために」という、「造園家」にしてテレビなどで頻繁に発言をしている涌井史郎氏の連載記事(野村不動産の広告ページですが)の第3回が「里川と里海の思想」。

「里に暮らす人々にとってコモンズとしての川」として、「里山」を論じ、「川はまさにコモンズ(共有の地)であった」と「里川」を論じている。

続けて「海にも、人がかかわることによって、自然の恵みを最大化する知恵があった。その事例が〈サンゴ礁〉や〈干潟〉、「藻場」である。人々はこうした直接人の役に立たず、むしろ漁の邪魔にさえなる存在を逆に保護した。そこが豊饒の海を保障する大切な生物多様性の宝庫であることを経験的に知っていたからである。」沖縄の「イノー」を例にあげ、「これこそは夕餉をにぎわす」漁場となり、「漁民はこうした海の恵みを得るために、渚に近い海の手入れを怠らず、漁についても時期や大きさ、そして雌雄までも自己規制をすることを作法としてきた。ここにも人が関わってこそ得られる自然の恵みの姿がある。だから〈里海〉と呼んで差し支えない。」

今年が、国の施策に「里海」が、各省庁の持ち分の範囲とはいえ、沿岸域にかかる環境、漁業、水対策の一つのキーワードとして位置づけられた初年の年となり、涌井氏が言う「人と自然をつなぐ」視点を論じるばあいには、「里山」に加えて「里川」と「里海」が、「水」を介してひとつながりにとらえるという論調が主流を占めてくることになるのであろう。

それだけに、「里山」「里川」「里海」を連環して(この「連環」のことばもすでにそうとうにゆきわたった)とらえるときに、山にあって川と海にはないもの、海にあって山や川にはないもの、川にあって山と海にはないもの、というような、同質と異質のファクターをかぎ分ける臭覚をあわせもたないと、「思想」といえるようなものには到達できないのではないかというきもする。

来年は、「里海」から「里山」「里川」に向けての、より具体的な発言が増えていくことが必要になってくるのであろう。

(MANA:なかじまみつる)

|

« 田んぼにかける魚道 | トップページ | 「里海」の氾濫 »

コメント

TBしましたが、届いていないようですので、以下のURLにて「里海」に言及していますことをお知らせします。

http://blogs.dion.ne.jp/hiroichiblg/archives/7965047.html

投稿: hiroichi | 2009年1月 4日 (日) 17時18分

hiroichiさん
コメントありがとうございます。
しっかりと、小生の文章までチェックしていただいていて恐縮です。適切なご指摘であり、「毎日」の論説記事のことも教えていただき感謝です。
小生が柳先生の「里海論」にとくにこまかな論評をしていないのは、基本的に同意しているからです。ですから、わたしがこれまで取材してきたスタンスで、私が専門としてきた漁業史や社会学(マスコミュニケーション論やコモンズ論)や私が勝手につけた「ザッコロジー」(雑魚学)の観点から、さらに「里海」という言葉をとおして、これからの漁業や、沿岸域の管理利用そして、地域と地域外の人の関わり方、自治体や国の政策的な応援の仕方への論評などを、より具体的に考えを進めて生きたいと考えています。
是非今後ともご意見をいただいたり、私からも情報の提供をしていきたいと思います。
よろしくお願いします。
MANA・なかじまみつる

投稿: | 2009年1月 5日 (月) 09時58分

MANAさんが「里海論」に言及されてていないのは、「(柳さんは象牙の塔に閉じこもっている、現実離れした研究者ではありませんが)柳さんのような研究者と現場に密着してして活動されているMANAさんとはどこか考え方が根本的に異なるのか」と危惧していましたが、「基本的に同意」されていることをお聞きし、安堵しています。

研究者、漁業関係者、地域内外の住民、行政担当者が手を携えて、現在考えられる最善の方法で「里海づくり」が進められるようになることを願っています。

今後とも、宜しくお願いします。

投稿: hiroichi | 2009年1月10日 (土) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163640/26766173

この記事へのトラックバック一覧です: 「文芸春秋」にも「里海」の記事載る:

« 田んぼにかける魚道 | トップページ | 「里海」の氾濫 »